2014年05月17日

「おくのほそ道の風景地ネットワーク」設立総会・シンポジウム

高岡市の有磯海(ありそうみ)(女岩(めいわ))など10県13カ所の「おくのほそ道の風景地」が国の名勝に指定されたことを受け、関係自治体の全12市町でつくる「おくのほそ道の風景地ネットワーク」が、発足しました。
同日、岐阜県大垣市内で設立総会があり、風景地の保存とPRに向けて連携することを申し合わせました。

わたしのほか、出席した市長さんたちで、パネルディスカッションを行い、私からは、有磯海(女岩)や雨晴海岸、義経岩、万葉集とのかかわりなど、高明石の取り組みと今後の展開方向を報告しました。
 次回、平成27年度の総会開催地として、高岡市が立候補し、承認をいただきました。奥の細道、松尾芭蕉、国指定名勝「有磯海」、万葉の歌枕など、高岡ならではの「おくのほそ道の風景地」を語る会を主催したいと思います。

CIMG4180.JPG CIMG4186.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌