2013年09月13日

前田利長顕彰祭

高岡開町の祖で加賀藩2代藩主、前田利長の顕彰祭が、前田利長墓所であり、前田家ゆかりの人々や市関係者、市民ら約200人が遺徳をしのびましだ。顕彰祭は、利長が慶長14年のこの日に高岡に入城したことにちなみ、前田利長公遺徳顕彰会(会長・高岡市長)が毎年行っています。私のあいさつに続き、在田吉保茶道裏千家淡交会高岡支部副支部長が茶を供え、前田家18代当主の前田利祐(としやす)さん夫妻ら出席者が献花しました。
CIMG2473.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

国際情勢講演会

横井裕 駐トルコ共和国大使を講師にお招きして、生涯学習センターにて、国際情勢講演会を開催しました。
CIMG2485.JPGCIMG2492.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

画家岸田劉生の軌跡

「画家岸田劉生の軌跡〜油彩画、装丁画、水彩画などを中心に」が、9月14日高岡市美術館で開幕するのを前に開会式が開かれ、「劉生の独自の美意識を存分に堪能し、人を癒やし、創造性をかき立てる文化の力を感じ取ってほしい」と、あいさつをしました。会場には写実的な油絵で知られる劉生の代表作「麗子像」や「自画像」をはじめ、装丁画や日本画など約130点を県内で初めて一堂に公開されます。特別展示室では、出席者が高岡に残されていた素描「麗子微笑」と赤外線撮影で素描の制作当時を再現した画像を見比べ、劉生芸術に浸りました。
CIMG2481.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌