2013年05月30日

越中・飛騨観光圏協議会総会

越中・飛騨観光圏協議会の総会が、小矢部市のクロスランドおやべで開かれ、北陸新幹線金沢開業に向けて在京の旅行会社、旅行マスコミに対する出向宣伝を積極的に行うことを柱とする今年度事業計画を承認しました。
 従来の出向宣伝は主に一般観光客を対象に実施していましたが、新幹線開業が迫る中、宣伝対象を在京の事業者に絞り、より効率的なPR活動を展開することになりました。会長の私は、あいさつで「新幹線開業を見据え、在京旅行団体などへの働き掛けを強めたい」と述べました。
 事業計画では、東海北陸自動車道を活用した誘客や小中学校のセカンドスクールの誘致などにも引き続き取り組むこととしました。
 協議会は広域的な観光連携を目指して県西部と飛騨地域に位置する8市1村の自治体と関係団体の代表で構成。総会には、各市長ら44人が出席。
DSC_0010.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2013年05月29日

高岡市防火管理協議会総会

高岡市防火管理協議会総会が開かれ、挨拶をしました。
DSC_0007.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2013年05月28日

伏木港海運振興会・伏木外港建設促進期成同盟会総会

高岡市内で開かれた伏木港海運振興会と伏木外港建設促進期成同盟会の総会で、次のことが報告されました。
伏木富山港で今年度、東防波堤の先端部45メートルを撤去する工事が始まる。船舶の円滑な入港や航行の安全確保を図るのが目的で、国直轄港湾事業として着手する。
 大規模地震時に緊急物資輸送を確保するため、万葉3号岸壁の耐震化へ今年度は設計と一部地盤改良工事も行う。
 県事業では臨海道路伏木外港線道路改良や外港緑地整備なども継続して行う。
 また、総会では伏木港海運振興会の事業計画で、国際フェリーやRORO船、外港クルーズの寄航へポートセールスを展開し、おもてなし活動を行うことなどを確認しました。港湾機能の拡充ではC工区の用地造成、12メートル、10メートル岸壁の整備着手などを求めることになりました。
IMG_5270.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

高岡環状線建設促進期成同盟会総会

高岡環状線建設促進期成同盟会の総会が、高岡商工ビルで開かれ、第2期整備区間約2・6キロ(高岡市佐野―六家)は北陸新幹線開業までの供用を目指し、国道8号と平面交差で暫定供用することが報告されました。完成型は立体交差となります。今年度はJR部高架橋上部工事や六家地下道工事のほか、高岡IC取り付け工事にも着手するとしました。また、一般国道8号整備促進と主要地方道小矢部伏木港線改修の各既成同盟会の総会も開かれ、福岡駅前土地区画整理事業に伴う道路拡幅や倶利伽羅トンネルの整備促進、桜町西―芹川東間の4車線化、西高岡拡幅、小矢部伏木港線の整備促進などを要望するとしました。
DSC_0001.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

協同組合高岡問屋センター総会

協同組合高岡問屋センターが、高岡エクールで通常総会を開き、役員改選で永田義邦理事長を再任、総会後に講演をしました。
DSC_0006.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2013年05月26日

高岡の旧町名を巡る 高岡歴史ウオーク

高岡市内の名所旧跡をたどる「高岡の旧町名を巡る 高岡歴史ウオーク」が、高岡古城公園を発着点とする3コースで行われ、「高岡ならではの歴史、文化を楽しんでほしい」と参加者を激励しました。
DSC_0043.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2013年05月23日

全国伝統的建造物群保存地区協議会総会

鹿児島県薩摩川内市で開かれた「全国伝統的建造物群保存地区協議会総会」に出席し、昨年末12月28日に鋳物師町(いもじまち)として新規選定された高岡市金屋町伝統的建造物群保存地区の報告をしました。また23日は私の59回目の誕生日で、今年はこの薩摩川内市の歴史的街並み「入来地区」で迎えました。100地区を超えた重要伝統的建造物保存地区の中で一つの市町村に二地区以上を抱えるのは、高岡市(山町筋、金屋町)を含め13都市のみです。歴史や文化が地域の誇りと活力を生むことを確信した一日でした。
CIMG1041.JPGCIMG1047.JPGphoto2.jpg
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2013年05月21日

ポーランド共和国憲法記念日レセプション

東京のホテルニューオータニで行われたポーランド共和国憲法記念日レセプションに招待を受け、出席しました。
CIMG1017.JPGDSC_0228.jpg
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2013年05月20日

並行在来線新駅設置推進にかかる要望活動

県庁に石井知事を訪ね、北陸新幹線開業に伴う並行在来線に関して、高岡−西高岡駅間で検討する新駅の設置に支援を求めてきました。知事は「(第三セクター経営の)目玉になる」と歓迎。先行事例では新駅設置に新幹線開業後3年以上必要な場合が多いが、「2年くらいで設置できるよう前倒しで準備を進める。」と関係部署に指示。
 わたしは、木津土地区画整理事業地の隣接地付近を新駅設置の候補として挙げた計画を説明し「定住対策にもなる」ことを強調。知事からも「応援する。できるだけスピードアップして準備したい。」と応じてもらいました。
 県によると、新駅は三セクが設置主体となるが、国や県、市が補助金などで事業費を負担する仕組みとなる方向です。現在はJRが運行しているため、設置方針が早期に決まった場合でも、駅舎の工事などは経営分離後となる見通しですが、県や市などは開業前に新駅周辺の整備を進めて早期設置を目指します。また、富山市の並行在来線準備会社の植出耕一社長にも同様に要望書をだしました。
DSC_0037.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2013年05月19日

高岡市地区赤十字奉仕団総会等

高岡市地区赤十字奉仕団総会、青色申告会創立50周年記念式典、富山県西部青果食品協同組合法人化40周年記念式典でそれぞれ、来賓あいさつをしているところです。
CIMG0970.JPGCIMG0972.JPGCIMG0975.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌