2012年11月29日

おやべ・ひみ・たかおかビジネス交流交歓会in東京

おやべ・ひみ・たかおかビジネス交流交歓会in東京が、東京港区の東京プリンスホテルで約200人が出席して開かれ、首都圏の経済関係者に高岡、氷見、小矢部3市の立地環境や観光の魅力を訴えました。 私は北陸新幹線開業や伏木富山港など交通インフラの整備に合わせて、首都圏との経済交流の活発化を呼び掛けました。
IMG_7974.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2012年11月27日

新幹線まちづくり推進高岡市民会議

高岡市や高岡商工会議所、市内の経済団体、まちづくり団体などで構成する「新幹線まちづくり推進高岡市民会議」の全体会議が、高岡商工ビルで開かれ、市民会議の自主事業としてPRに活用する統一ロゴマークやキャッチフレーズを作成することなどを決めました。
P1030414.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

木津だいこんまつり

高岡市木津地区で生産されているダイコンの魅力を伝える「木津だいこんまつり」が、木津の円通寺境内で開かれました。収穫されたばかりの木津だいこんや、熱々のふろふき大根などが販売され、大勢の来場者が地元の秋冬野菜の魅力に触れました。木津地区は高岡市内で最も多く大根を栽培する。水が豊富な良い土壌で育つため、みずみずしく甘いダイコンが収穫されることで知られ、まつりを企画する第2木津自治会だけでも約5千平方メートルの畑で栽培されています。
IMG_7966.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2012年11月25日

「県山(車)・鉾(ほこ)・屋台・行燈(あんどん)祭交流会議」総会

県内各地の曳山保存会などでつくる「県山(車)・鉾(ほこ)・屋台・行燈(あんどん)祭交流会議」の総会が、魚津市のホテルサンルート魚津で開かれ、そこで祝辞を述べました。県内10団体から約130人が出席しました。会長に河合常則氏(城端曳山祭保存会顧問)を選ぶなど、役員・会則案を承認。祭りの継承発展に役立つ調査研究や情報交換を進めるための体制を整えました。交流会議は2009年、高岡御車山保存会の呼び掛けで発足。これまで会則や役員は定めず、各地の団体が一堂に会する「曳山祭サミット」を年1回、開催市の団体主管で開いていました。
IMG_7971.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

JR時刻表

JR時刻表の裏表紙の撮影をしました。
IMG_7958.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2012年11月20日

庄川左岸地区用排水対策促進協議会

協議会長の上田砺波市長、桜井小矢部市長、田中南砺市長らとともに、庄川左岸地区用排水対策促進協議会は、県庁を訪問、石井隆一知事に対し、庄川左岸地域の用排対策の推進に関して要望。石井知事は「庄川左岸関係は非常に重要な事業。期待に添えるよう精いっぱい努力する」と述べました。
IMG_7897.JPGIMG_7898.JPGIMG_7901.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2012年11月19日

保育園視察

大田保育園の元気な子供たちです。
IMG_7891.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

手作りカレンダー

高岡市こまどり支援学校と県立高志支援学校こまどり分教室の児童生徒3人が、高岡市役所を訪れ、彼らから手作りカレンダーをいただきました。 児童生徒31人が共同制作し、雪うさぎや海を泳ぐ魚、コスモスやモミジなど、季節の風物を絵や工作で表現しています。170部制作し、志貴野中など交流校や地元の自治会などにも配る予定だそうです。
CIMG6025.jpgCIMG6042.jpg
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2012年11月18日

第32回高岡万葉マラソン

あいにくの雨の中、第32回高岡万葉マラソンが、高岡市城光寺陸上競技場を発着点に行われ、県内外から参加した市民ランナーら約1900人が、紅葉が広がる二上山周辺を舞台に健脚を競いました。
IMG_7882.JPGIMG_7884.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌

2012年11月14日

越中・飛騨観光圏協議会の観光説明会

私が会長である越中・飛騨観光圏協議会の観光説明会が、東京有楽町の東京交通会館で開かれ、大手旅行会社や出版社に圏域内での旅行商品造成を呼び掛けました。
 越中・飛騨観光圏協議会が首都圏で説明会を開くのは初めてで、13社から約30人が参加。自然や癒やし、ものづくりをテーマにした旅行ルートを提案したほか、担当者が7ブースに分かれて観光地や観光施設の魅力を説明しました。
 私は、北陸新幹線が2014年度末に開業することを紹介した上で「越中飛騨を周遊するツアーをつくってもらい、おもてなしをさせてほしい」とあいさつしました。
IMG_7868.JPG
posted by 高橋まさき at 00:00| 活動日誌